TOPページに戻る > 一覧 > 国際オーガニックEXPO 2017に14,152人が来場

ニュース

国際オーガニックEXPO 2017に14,152人が来場

8月24日(木)〜26日(土)の3日間、パシフィコ横浜にて国際オーガニックEXPO 2017が開催された(主催:国際オーガニックEXPO実行委員会 / 株式会社スペースメディアジャパン)。同イベントは、オーガニックの新たな市場開拓をテーマとして、 B to Bビジネスの拡大や消費者への啓発を目指す国際的な展示会だ。今年は、国内外から181社・団体が出展し、来場者数は14,152人にのぼった。

会場には、オーガニックの食品やコットン製品、コスメなどが数多く展示されたほか、全国の商業高校の生徒が地元生産者や食品企業とコラボして開発した商品のナンバーワンを決める「商業高校フードグランプリ2017」や、国産オーガニックの日本酒、焼酎、ビール、梅酒、ワインが勢揃いする「BioSAKEヴィレッジ」などが特設され、来場者の関心を集めていた。

また、米国大使館農務部農務官のジェス・ポールソン氏による「アメリカのオーガニック市場」、スピックサロン・メディカルクリニック総院長/国際オーソモレキュラー医学会会長の柳澤厚生氏による「医学的観点からのオーガニック食のススメ〜植物成分『サルベストロール』の活用」など、セミナーも数多く行われた。